ショベルカー娘の初鈴あいかは主役級のポジションで、圧倒的人気を誇ります。

モチーフになった重機

重機娘PROJECTは現場で活躍する重機を擬人化した萌えキャラクターで人気を集めました。
モチーフになった重機は、建設現場に欠かせない定番車種が盛りだくさんです。
重機娘PROJECTでモチーフになった重機の概要と特徴をまとめました。

 

 

 

ショベルカー

ショベルカーのイラスト

重機娘の中でも主役級のポジションにあたるのがショベルカー娘の初鈴あいかです。
声優やリアル重機娘では、アンパンマンの声優出演など豊富な実績がある澤江まゆきさんが演じていました。

 

ショベルカーは子供にも大人気で建設用重機を代表する存在です。
スコップを装備したタイプでは建設現場の基礎を作る前の整地に欠かせない存在です。
アームタイプは、解体現場で大活躍しています。
小型タイプから大型タイプまで大きさの種類が豊富で、大中小さまざまな建設現場で必ずといっていいほど登場する重機です。

 

 

モーターグレーダー

 

重機娘PROJECTの中では暮多サエコによるモーターグレーダー娘が重要な役割として登場し、声優とリアル重機娘では、すきドルで大活躍したエース級の存在である伊谷亜子さんが演じています。
モーターグレーダーは、整地用途に使用される自走式重機で、かつてはトラクターなどで牽引されるタイプが自走式に進化して生まれた歴史があります。
一般的な形状は車体に4輪、アームの先に2輪の変則的な6輪構造です。車輪付きアームと本体の間に土工板(排土板)が取り付けられていて、走りながらデコボコした道路を整地していきます。
機能的にはブルドーザーと似ていますが、車輪によって軽快に動くので道路工事など広くて車輪であれば移動できる場面で使われることが多いです。
豪雪地帯では除雪車として使われることもあります。

 

 

ロードローラー

作品でも登場するロードローラーのイラスト

初期の作品では登場頻度の多かった露道ローラのロードローラー娘のモチーフになっています。
ロードローラーはアスファルトの整地で使われます。
車体と同等の幅を持った、鉄製のローラーが車輪になっていて、通ることで舗装中のアスファルトを平に慣らして押し固めることができます。
アスファルトのほか、大きな施設の建設では基礎を作る前の締固めでも活用されます。

 

 

ブルドーザー

 

重機娘 竣工版で登場するブルドーザー娘(不流動ざらめ)のモチーフになったブルドーザーは、ショベルカーに次いで知名度が高くて子供から人気の重機です。
キャタピラで動き、上下に動く大型のアーム(排土板・爪)があり、土砂の多い現場などで活躍します。
狭い現場や、多少のデコボコがある場所ではショベルカーで造形してホイールローダーやモーターグレーダーでスピーディーに整地するのが一般的です。
全般的に荒れた荒野や山での利用に適していて、先進国よりも発展途上国で使われることが多いです。
人気の高い重機ですが、製造しているメーカーは日本のコマツとアメリカのキャタピラー社(CAT)による2社独占状態です。

 

 

ラフター

 

ラフター娘は重機娘ライトノベルPROJECT第3弾で登場します。
物語は月のクレーター採掘現場で使われていますが、実際の現場では高層ビルの建設現場で使われることが多いです。
ラフタークレーン車とも呼ばれていて、大きな荷物を宙ずりにして、高い場所に運ぶための重機です。

 

大きな高層ビルの建設現場では、建物の上に固定式クレーンを乗せるタワークレーンが使われることが多いです。
タワークレーンの積み下ろし方法は複数ありますが、下ろすときは大型ラフタークレーンで解体したタワークレーンを少しずつおろすビアット式が主流です。
高層ビルの建設では、初期段階とタワークレーンを下ろした後の工事終盤でラフタークレーンを使われることが多いです。

 

ちなみに、荷台のあるトラックに付いたものはトラッククレーン、車両には荷物を乗せられないものをラフタークレーンと呼びます。
ラフタークレーンはトラッククレーンよりも大型クレーンを搭載しやすくコンパクトなメリットがあります。